馬券の予想の上で、競走馬の適正距離は距離だけではなく、根幹距離と非根幹距離は重要な要素です。

適正距離から決める

人間にも短距離ランナーと長距離ランナーがいるように、
馬にも短距離が得意な馬長距離が得意な馬がいます。

 

こうした馬の適正距離を知ることも、馬券の予想には必要となってきます。

 

大雑把に分けると、1000m~1600mが得意な短距離馬1700m~2400mが得意な中距離馬2500m以上のレースが得意な長距離馬と3つのタイプに分けることができます。

 

しかし、この3つに分けただけでは適正距離を知ることもできませんし、馬券を当てることなんて出来るわけありません。

 

そこで適正距離について考えるうえで、根幹距離非根幹距離について知っておく必要があります。

 

根幹距離とは馬にとって走りやすい距離といわれています。
具体的には、1200m・1600m・2000m・2400mなどの400mで割り切れる距離の事です。
数字を見てわかるとおり、根幹距離はGⅠレースで多くみられる距離です。

 

逆に非根幹距離で行われるGⅠレースは全22レース中、2200mの宝塚記念とエリザベス女王杯、2500mの有馬記念、3000mの菊花賞、ダート1800mのチャンピオンズカップの5つしかありません。

 

この根幹距離と非根幹距離については馬券の予想のうえでも非常に重要な要素となってきます。
例えば、1200mや1600mの距離では勝てないレースが続いているような馬が1400mのレースを走った時、今までのレースぶりが信じられないような鮮やかな勝ち方をする時があります。こういった馬は人気がないことが多いので、絶好の狙い目となります。
逆に1400mで好走を続けている馬が1200mや1600mのレースに出てきた時は、危険な人気馬となる可能性大なので評価を下げた方がいいです。

 

非根幹距離で行われる有馬記念で好配当を演出した馬たちは、必ずと言っていいほど非根幹距離で行われている重賞で勝つか好走しています。2001年のアメリカンボスや2008年のアドマイヤモナークはどちらも最低人気でしたが、非根幹距離の重賞を勝っていました。
といったように適正距離を知っておくと、思わぬ好配当をゲットできるチャンスがあるのです。

 

好配当をゲットするためにも、負けないためにも、馬の適正距離を知っておくことはとっても重要です。前走の成績で予想するものいいですね。