好配当をゲットするためには、枠順による有利不利を覚えておきましょう。

枠順による馬券の買い方

レースが行われるコース形態によっては、枠順によって有利不利が出てしまう場合があります。それを知っておくのも、競馬の予想をするうえでは必要となってきます。

 

例えば、東京芝2000mや中山芝1600mのレースは外枠が不利なコースとして有名です。
この2つのコースはスタートしてすぐに迎える第2コーナーまでの距離が短いため、外枠の馬は距離のロスがある外側を走らされてしまいます。
内枠の馬は労せずして好位置を取れるのに対して、外枠の馬が好位置を取るためにはある程度力を使わなければなりません。
従って内枠の馬の成績の方が良くなります。

 

ということでこの2つのコースでは、内枠の馬を軸として外枠の馬を相手とする買い方や、外枠の人気馬を軽視して内枠の穴馬を狙うといった買い方が有効です。
特に内枠の穴馬を狙う場合には先行馬を買うことをお勧めします。

 

内枠が有利なコースがあれば、もちろん外枠が有利なコースもあります。

それはスタート地点が芝になっているダートコースです。
中山の1200mや阪神の1400mなどがあります。
これらのコースはスタート地点が芝なのでスピードに乗りやすいという特徴があります。

 

外枠の馬はこの芝の部分を走る距離が長いので楽に前につけることができます。
しかも砂を被らずに走ることができるので、気分良く走ることもできます。
そうなると内枠の馬はスピードに乗る前に外枠の馬に前に出られ砂も被らされてしまい、好走は厳しくなってきます。
ということで芝スタートのダートコースでは、外枠の馬を中心に買うのが良いです。
特に前走内枠に入って惨敗していた馬が、外枠に入った時などは絶好の狙い目です。

 

もう1つ外枠有利で忘れてはいけないのが、新潟の直線1000mのレースです。

このコースでは普段ほとんど走ることのない外ラチ沿いを走ります。
ほとんど走ることはないので、馬場状態は良く走りやすい状態になっています。
外枠の馬はそこに最も近いため、当然有利になります。
新潟の直線1000mは完全に外枠天国となるため、馬券には8枠の馬は必ず1頭は入れておきたいですね。

 

枠順による有利不利を知っておくことは、好配当をゲットするためには絶対に覚えておきたい情報の1つです。

競馬場の相性で予想