競馬新聞に気になることを赤ペンでチェックして分析するのが、オススメの競馬の予想と分析方法です。

メディアからの情報収集

競馬の予想や分析をする上で競馬情報誌や新聞はとても重要です。

 

しっかりとした情報をもとに、納得のいく予想をするようにしましょう。

 

 

競馬情報誌として、一番おすすめできるのは競馬ブックです。

多くの競馬ファンや競馬関係者が愛読している情報誌になります。

 

競馬新聞の記者やライターなども、競馬ブックの情報や記事を参考にレースを予想したり記事を書いたりしている人も多いです。

 

競馬ブックは基本月曜日に発売され、その週末の中央競馬のレースを中心にさまざまな情報やデータ・記事が載っています。

 

週末のレース情報以外にも初心者から上級者まで楽しめるさまざまなコラムやレポートが載っていて、本格的に競馬をしたいのであれば是非購入をおすすめしたい情報誌です。

 

 

そして競馬の予想で必要不可欠になるのが競馬新聞です。

特に中央競馬などの出走数が多いレースなどは枠順もとても重要になってきます。

 

中央競馬で枠順が決まるのは、レースの大きさや種類、開催日(曜日)によっても変わってきますが、大体前々日の10時。
時期によっては前日の10時には大体のレースがすべての枠順と出走馬が正式発表されます。

 

競馬情報誌ですと、原則枠順や出走取消(除外)情報は出ていませんので、仮に情報誌を購入していたとしても競馬新聞の購入はとても役立つ情報源になります。

 

実際に馬券の購入は出走番号や枠番号で購入するので、実際に馬券購入をする際は競馬新聞を見ながら記入したりネットで購入するのが一般的です。

 

G1などの大きいレースのみの場合でしたら、一般的なスポーツ新聞でも、詳細情報が載っていますが、メインレースからそれ以外のレースのことまで競馬新聞を見た方が、より多い情報を得る事ができます。

 

最近では、競馬情報誌や競馬新聞なども含めて、オンライン版も出ていて、中には競馬情報をネットで無料配信しているサイトなどもあり、インターネットやアプリ活用の需要が増えつつあります。

 

しかし、昔ながらと言っては変かもしれませんが、競馬新聞に自分で気になる事を赤ペンなどでチェックしながら分析していくというのが、オススメの競馬の予想と分析方法になります。

 

競馬新聞も出版社によって、予想屋も違いますし、情報の得意不得意も多少はありますので、好みの競馬新聞を見つける所からはじめましょう。